• PCにおけるゴムワッシャー

    ワッシャーの使用目的ですが、基本ねじと一緒に使用され通す穴にねじ頭部が貫通するので防ぐ目的で使用されることが一般的です。

    本物のゴムワッシャーの情報をご提供しています。

    又、座面面積の拡大により座面摩擦係数が上昇し緩み止め効果も得られます。



    ワッシャー形状は丸、4角が一般的です。
    又JISでは丸にも小型丸と標準丸の2サイズが有ります。


    次に材質ですが一般的には鉄・アルミ・ステンレスと言った金属製ですが金属以外でもポリカーボネードやアクリル樹脂にナイロン樹脂、それにゴムワッシャーと言った材質があり金属以外の材質ワッシャーは使用目的が前述の内容以外に下記の目的が追加されます。


    特にゴムワッシャーの場合、使用目的の一つが絶縁性です。

    PC組み立て時における絶縁性が求められる箇所に使用します。

    又、ゴムワッシャーの特性から防振ゴム仕様の防振性です。

    緩み止め効果もさる事ながら振動に対し吸収するゴムを使用したワッシャーです。
    PCを組み立てる際、必要なサイズはM3〜M5と言った小型のサイズで基盤等の対ショック性を持たせるため基盤を締結するねじにゴムワッシャーをかまして締結します。

    又、配線内でアースをとるねじとアースが流れてはまずい箇所があり、絶縁が必要な箇所にも使用されます。
    ちなみにアクリルやポリカーボネード・ナイロン製ワッシャーは目的が表面のねじ頭部接触時の保護目的が主な使用目的と成りますのでゴムワッシャーはそれら非金属製ワッシャーとは使用目的が異なります。